2018.03.20(火)

墨田と筑後の仕事展

墨田と筑後の仕事展

墨田区の仕事情報を発信する『すみだの仕事』は、福岡県八女市にある『うなぎの寝床』のもんぺの展示販売会『墨田と筑後の仕事展』を、東向島珈琲店で、4月20日(金)から5月7日(月)まで開催します。

また、本展示オリジナル商品として、墨田区の町工場やデザイナーのコラボレーションによる、スペシャルなもんぺを製作するほか、墨田と八女の地域の仕事を紹介する写真の展示を合わせて行います。

墨田と筑後の仕事展

もんぺ下川織物

2016年にグッドデザインを受賞した『現代版もんぺ』は、生地に筑後地方の伝統工芸である久留米絣(くるめがすり)が使われており、手織りに近い風合いで履き心地が良くとても丈夫。履き込めば履き込むほどに味わいが出るため、まさに日本のジーンズのようです。農作業着としての機能性はそのままに細身でスッキリとしたシルエットは、活動着としてはもちろん普段着としてもお使いいただけます。

この展示は『地域の知られざる仕事を知ってもらいたい』という想いから、東京・墨田のローカルな仕事情報を発信するすみだの仕事が、九州の筑後地方のものづくりを発信するアンテナショップうなぎの寝床が開発した現代版もんぺを用いた、地域の仕事を紹介する展示、販売会です。

働く人の作業着でもあるもんぺや、その製作風景、それを着用し働く人々をとらえた写真の展示を通じ、墨田区と筑後地方の仕事や働く人たちを知ってもらえるきっかけになればと、企画しています。

イベント期間中は、うなぎの寝床のオリジナルもんぺがやってきます。墨田区でもんぺが展示・販売されるのはこれが初めてなので、これまで気になっていたという方には、ぜひこの機会に履いてみていただけたらと思います。

さらに、墨田区の町工場やデザイナーとコラボレーションした『すみだの仕事のオリジナルもんぺ』もこの場で初披露します。墨田区でしか作れないスペシャルなもんぺが登場します。

すみだともんぺ

30人もんぺ展

連動企画として、このイベントのために墨田区のさまざまな職業の方30名にご協力いただき、うなぎの寝床のもんぺを着用して働く姿を、すみだの仕事で撮り下ろしました。さまざまな職業や働き方をする方がいる墨田区と、農作業着であるもんぺがコラボレーションして仕事を伝える企画です。

撮影した写真は、すみだの仕事のSNS上でイベントが始まる1ヶ月前より(3月20日~4月20日)毎日1枚ずつ配信をしていきますので、ぜひフォローしていただきご覧ください。

Facebook / Twitter / Instagram

開催概要

東向島珈琲店

展示販売を行う会場は、墨田区東向島にあるカフェ『東向島珈琲店』です。美味しいスイーツと共にもんぺと仕事の展示をゆっくりご覧いただけたらと思います。予約不要ですので、休日のお出かけや散歩がてらに、お気軽にお立ち寄りください。

お店自慢のレアチーズケーキは、お持ち帰り(事前予約必須)も可能なので、お土産にもおすすめです。

日時 2018年4月20日(金)~5月7日(月)
会場 東向島珈琲店(東京都墨田区東向島1-34-7)
営業時間 8:30~20:00(L.O.19:30)
定休日 水曜日
アクセス 東武線「曳舟駅」徒歩5分
京成線「京成曳舟駅」徒歩10分
参加費 無料(飲食店のため、1ドリンクは必ずご注文ください)
ご注意事項 ・試着室はトイレをお借りするため、カフェのみをご利用のお客さまもいらっしゃいますので、譲り合ってご試着いただくようお願いします。
・ご購入いただいた商品は、ラッピングなどプレゼント包装はできかねます。
・紙袋等がない可能性があるため、ショッピングバック等をご持参いただければと思います。
関連リンク うなぎの寝床
東向島珈琲店

その他の記事

PAGETOP